支援者たちの活動の様子

現在『ぷらっとほーむ』では、様々なメンバーが権利擁護支援のために活動しています。

Oさん(4年目)男性

【支援のきっかけ】
2回目の定年を終えて、家の整理などをして過ごしていましたが、日々物足りなさを感じていました。そんな時に『ぷらっとほーむ』の講座のパンフレットに出会いました。最後の職場が老人ホームだったこともあり、何かお手伝いできる事があればと思いながら講座に参加しました。そこでお誘いがあって、支援員を始めました。

【支援をしていて】
会員の方は、家族がなかったり、家族がいても遠方だったり、長年疎遠になってしまっている方などが多いです。『ぷらっとほーむ』では家族の代わりとなってその人に関わっています。
自分一人ではとても対応できない事も多くありますが、ここには様々な経験を持った人がいて、組織で対応しているので、よりよい対応をする事ができます。
また、支援では、今までにない経験もたくさんさせてもらっています。
家族同様に相手を想う心があれば、喜んでいただける支援がどなたでもできると思います。

Aさん(5年目)女性

【支援のきっかけ】
友達に「ちょっとやってみないー?」と誘われて、話を聞きに行きました。お話を聞いて、ちょっとやってみたいと興味を持ったことがきっかけです。

roujin_syokuji【支援をしていて】
初めから仕事のやり方が分かる方はいません。『ぷらっとほーむ』の人たちに親切に教えてもらい、今では自信を持って困っている方々の支援をしています。
世の中には1人暮らしの方が本当に多いことを知りました。支援をしていて「来てくれると嬉しいよ。もっと来て~」などの声を頂き、頼られている事を感じます。
頼られるって嬉しいですよね。できる限りお手伝いしたい気持ちになります。
いつか自分もその立場になり、先々私も通る道ですから。

Cさん(8年目)女性

【支援のきっかけ】
民生委員をしていた。発足する際から携わっている。

【支援をしていて】
施設で催しなどがある時、家族がいても遠方だと1人参加になってしまいます。ぷらっとの支援で、家族の代わりとなって参加した時、「来てもらえて嬉しい」と涙ながらに喜んでもらえました

また、施設では決まった食事しか出ないので、たまに支援員と外食できる事を楽しみにしてくれています。欲しいものは施設に人に言えば買ってきてもらえるけれど、時に自分で買い物をしたいという希望もあり、買い物に同行する時もあります。自分で見て買い物ができるのは嬉しいと喜んでもらえます。笑顔で喜んでもらえると私も嬉しいです。

Dさん(3年目)女性

obaasan_bed【支援のきっかけ】
前職を退職して、何かできることはないかと思っていた時に、支援員の方から誘われた事がきっかけです。

【支援をしていて】
以前は介護保険の仕事をしていました。『ぷらっとほーむ』では、介護保険では対応できない事をしています。ここでの仕事を必要としている人が世の中にはたくさんいる事を知りました。

Eさん(4年目)女性

【支援のきっかけ】
元々、消費生活相談員をしていて、介護保険アドバイザーをしていました。その後も介護保険関係に繋がっていたいと思っていて、4年ほど前、『ぷらっとほーむ』が開催した講座に参加しました。
相談業務はアドバイスで終わってしまい、その後がいつも気になっていました。ここの仕事は、全てサポートできると思い、やりがいを感じて始めました。

【支援をしていて】
身寄りのないお年寄りが、よりよく最期を迎えられるように、寄り添ってお手伝いができます。

年々自分の思うように過ごせなくなっていく中で、時には様々な厳しい状況の中(経済的、身体的)、その人にとって一番いい方法を見つけることはなかなか難しいけれど、喜んでもらえる事が一番嬉しくて、やりがいでもあります。

Fさん(8年目)女性

pair_cup【支援のきっかけ】知人に誘われて、活動内容を聞いたとき、これまでの人生経験(医療・福祉・介護)を活かせるところだと思いました。また、人と関わることが好きだからです。

【支援をしていて】
立ち上げから関わっています。支援をしていて、奥行きの深さを感じています。満足のいく支援をするためには、いくつになっても勉強だと感じています。

大変なこともありますが、どんな辛い事でも「ありがとう」「また来てね」「会いたい」という言葉を聞くと、辛い以上に支えたいという気持ちが大きいです。

Gさん(6年目)男性

【支援のきっかけ】
民生委員の活動をしていた時の人から、家を出なければいけない事情があって相談を受けたんです。役所に相談をしましたが、「身元引受をしてくれる人がいないと入れません。」と言われました。そこで、身元引受をしてくれる『ぷらっとほーむ』を紹介してもらいました。
その時に、『ぷらっとほーむ』の方から「あなたは元気なんだから手伝って。」と言われたことがきっかけです。

【支援をしていて】
世の中には支援を必要としている人がいっぱいいるなと感じています。また、社会的弱者を騙す悪い人もいて、誰かが支えてあげないといけません。現代では地域の人との繋がりが薄いとつくづく感じます。

Hさん(1年目)男性

busy_syufu_man【支援のきっかけ】
知人に誘われて、理事長の講演を聴きに行った際、独居老人の現状を知り、今までの自分の人生経験を生かしたいと考え、支援員として活動することを選びました。

【支援をしていて】

支援を必要とする人は、生活状況など一人として同じということはなく、それ故、支援の仕方も千差万別であることを実感しました。より適切な支援を行うためには、幅広い知識が必要だと感じております。

支援を通じて、生き方等勉強になることが多いです。

bana